令和について 令和 is Calling us – CUTT

元号が令和に変わり、1ヶ月が経ちます。

普段は西暦を使う事がほとんどで、記念日なんかも元号ではパッと出てこないのですが(僕は1999年デビューなんだけど、平成何年と訊かれるとちょっと待ってねとなる)今回の改元は個人的にとても盛り上がりました。

オカルトめいた話が好きなので「未来人が予言した”安始”とか”永安”とかになったら面白いなー」とか、明るい世相になるように「なんかテンションの上がる、活気ある言葉が良いなあ」と思っていましたが、蓋を開けてみると「令和」。

正直最初は(菅さんの手元から発表前にちらっと見えたのもあいまって)

「お、おう…」

という感想だったのですが、「令」に「よい、りっぱな、うるわしい」という意味がある事を知り、徐々に肚に落ち着いてきました。

“Beautiful Hermony”

という英訳も良いしね!(♪The day will come〜♪)

和という漢字が昭和に続き使われましたが、日本(倭)は調”“を尊び、”“を作って協力し合う”“らの国なので、とってもええ”“!と思ったぜ!(どや顔)

そんなテンションで作った(自分の曲を替え歌した)曲です。↓

令和 is Calling us
Reiwa is calling us
(The) new era is calling us
Beautiful harmony
Reiwa is calling us


2019
五月一日
新しい時代のはじまり


Reiwa is calling us
(The) new era is calling us now
Through eternity
Reiwa is calling us


文久!
元治!
慶応!
明治!
大正!
昭和!
平成!
令和!!


Reiwa is calling us
It knows that we're listening
Through eternity
Reiwa is calling us


Reiwa is calling us
(The) new era is calling us now 
Beautiful harmony
Reiwa is calling us


It’s calling us….

次回は令和つながりで、万葉集と天皇について書きます。では!

↑原曲 “The Future is Calling me” 収録アルバム